ローグタウンは海賊王G・ロジャーが生まれ、処刑された町。別名"始まりと終わりの町"。

それでは参りましょう🔜



ローグタウン編
①あらすじ
②見どころ
③伏線・疑問
④感想


①あらすじ
正式にナミを仲間として迎え入れたルフィ達は海賊王が生まれ、処刑されたローグタウンに向かいます。


各々目的の為バラバラに行動しますが、気付けば海賊王G・ロジャーが処刑されたまさにその処刑場で処刑されようとしています。


そこでルフィの首を取ろうとしているのはナミと出会った港町を占拠していた海賊道化のバギーとコビーが当時雑用として働かされていた船の船長であった海賊アルビダでした。


両者はルフィの首を取るという同じ目的の為、手を組んでいたのです。


それを見て動揺するゾロとサンジ。助けに入ろうとしますが行手をバギーの一味が阻みます。


バギーがルフィの首を討ち取ろうとしたその時。


ルフィは死を受け入れ「わりい、おれ死んだ」と笑い、その処刑台に雷が落ちます。


それを見ていた海軍本部大佐のスモーカー。死を受け入れ笑ったルフィに恐怖心を抱きます。


彼曰く、死を受け入れ笑うような人間はかつてその処刑場で処刑された海賊王G・ロジャー以外いないと。


そんなルフィ一向を追いかけるスモーカーでしたが落ちた雷も含め天候すらもまるでルフィ達がこの島から逃げるのを助けるような状況に動揺します。


それでもルフィ達一向に追い付き、逃がさんとするスモーカー。


ルフィ達も初めて出会うロギアの能力に太刀打ち出来ず、捕まってしまいます。


その時、正体不明のある男(ドラゴン)がルフィを助けます。


ルフィも彼が一体誰なのかわからない様子。


そして当然の突風にルフィはスモーカーから逃れることが出来、無事にローグタウンを後にします。


②見どころ
・ゾロが新しい刀選ぶシーン

・ルフィが死ぬ直前に笑った理由

・ドラゴンがルフィを助けるシーン

③伏線・疑問
・この日の天候はドラゴンが支配していた?

・何故ローグタウンにドラゴンがいたのか

・ルフィとロジャーが死ぬとわかった時に笑った理由

④感想
今回のローグタウン編の様にONE PIECEは節目に結構色んなキャラクターを登場させる事が多いです。


ドラゴンとルフィが同じ空間にいるシーンなんてあと何巻したら見れるかとか、というぐらい貴重なシーンです。


ルフィがロジャーが比較されるようになるのはこのローグタウン編からです。


今後、話が進むにつれてどのような比較のされ方をしているのか気にして読むとより楽しく読み進めることが出来るかもしれません。


特に冒頭のナレーションはロジャーが発言したものであることからも分かるように、かなりONE PIECEの核心をついたことをだいぶ抽象的に表現しています。


このフレーズはこの事を言っているのかな、と96巻まで読んで未だにそのレベルの伏線です。


それがわかった時はもう既にONE PIECEの正体が明かされている時かも知れませんね。


ここら辺の事はまた考察出します😃


それでは次の投稿でまたお会いしましょう