数週間ぶりのブログ更新になります、その間もどうやら読んで下さってる方いるみたいでほんとにありがたいです!!


⚠️今回の記事はジャンプのネタバレが含まれていますのでまだジャンプを読んでいない方はお気をつけ下さい!


それでは参りましょう🔜



目次
①ヤマトタケル
②ヤマトの正体
③根拠
(1)ヤマトとおでん
(2)2人の王
(3)ヤマトの発言
(4)年齢的な問題



①ヤマトタケル
遂に鬼ヶ島ではルフィ達と百獣海賊団がぶつかり始めています。


そして、今週の最新話ではカイドウの息子であるヤマトが面を被って登場!


ルフィと衝突していたうるティに致命傷を与え、"ルフィをずっと待っていた"という発言をしています。


今ワンピースファンが最も注目しているキャラクターであること間違いなしです。


今回はそのヤマトが一体何者なのかということを考えていきたいわけです。


考える材料として今回あげたいのがヤマトのモデルとなっているであろうヤマトタケルです。


またあの憎き将軍オロチはヤマタノオロチをモデルとして設定されているはずです。


ちなみにヤマトタケルは「日本書紀」「古事記」などの書物に現れる日本古代史上の伝説的英雄という人物です。


手書きで汚くて申し訳ありませんが以下が簡単な相関図です。
FullSizeRender

鬼ヶ島には現在、ヤマトタケル(ヤマト)とヤマタノオロチ(オロチ)が同じ舞台に立っていますが、日本史上であればその二者はそれぞれ地上界、天上界の者であるとされています。


しかし、どうやらスサノオがヤマタノオロチを退治した時に手に入れ、アマテラスに献上した草薙の剣はなんやかんやで後にヤマトタケルのものとなるという繋がりがあるようです。


ちなみに景行天皇は息子であるヤマトタケルを恐れていたという関係性があるので、ONE PIECEの中でも景行天皇に当たるカイドウもヤマトのことを恐れているという展開になる可能性も…。


ワノ国とヤマトタケルの繋がりがあるということは伝わりましたでしょうか。


②ヤマトの正体
結論から言います。


今回、僕が考えたい可能性はこちら!


ヤマト=モモの助


です!!!


つまりモモの助は2人います。


1人がトキによって20年前から飛ばされたモモの助、もう1人がトキの能力によって飛ばされていないモモの助です。


要はパラレルワールドのモモの助なのでは?という話です。


最新巻で描かれていたおでん達の回想世界を世界線Aとします。


逆にルフィ達が冒険している世界を世界線Bとし、世界線Aから飛んできたモモの助達がこの世界線Bに迷い込んでしまったのではないかということです。


正直可能性としては低そうですがこんな選択肢を考えてみるのもまた一興かなと感じています。


それではヤマト=モモの助と考える根拠を述べていこうかなと思います!


根拠は3つあります。


(1)ヤマトとおでん
ネット上でも話題になっていましたが、ヤマトとおでんの格好に類似するものがあるということです。


それは確かに僕も最新話を読んでいて感じました。


袴姿、背中に大きい綱的なもの(名前がわからない笑)、手に掛けられた切れた手錠などが類似点として挙げられます。


これらはこの2人の関係性を読者に伝えているのでは?と思わせる様な描写です。


(2)2人の王
968話では海王類が"2人の王"というワードを口にしています。


これはロジャーとおでんの意志を継ぐ者のことを指していると考えられます。


ここで注目したいのが、天上界の天神スサノオと地上界の国神ヤマトタケルです。


この2人も"2人の王"と表現出来そうです。


また、天上界を"月"と考えればスサノオはONE PIECEで言う所の月から青い星にやって来たDの一族に当たります。


結構現実味を帯びて来たのではないでしょうか。


(3)ヤマトの発言
ヤマトがルフィに放ったこの発言。

ずっと待っていた!!

"ずっと"と一口に言ってもその期間の長さは人にもよると思います。


ただ、最近のONE PIECEを読んでいるとここでの"ずっと"はモモの助達が飛ばされた20年と同様の長さ、もしくはジャストで20年のことを言っているように思えませんか?


となるとこのヤマトも20年間ルフィを持っていた。


つまり、トキの能力で20年後に飛ばされなかった世界線Bのモモの助が20年間カイドウを倒す為にルフィを待っていた、と。


そういう読み取り方が出来そうです。


(4)年齢的な問題
このONE PIECEという作品において先程挙げた"2人の王"の存在というのは非常に大きなものであると考えられます。


20年後の現在ではその2人はルフィとモモの助であると思われますが、ルフィはともかくモモの助に関しては幼すぎると感じられます。


ズニーシャと会話出来る等の能力を開花しつつありますが、いざという時には力不足な雰囲気があります。


その穴を世界線Bのモモの助が埋める形になるのではないでしょうか。



パラレルワールドという概念を出してしまうとグダリかねない為、可能性としては低いかなとは個人的に思ってます。


あくまでこういう考えもあるよ、程度で読んでいただけたら幸いです。


それでは次の投稿でまたお会いしましょう